喪服日誌

唐揚げだけが人生だ。/@yuki_mofk

2020.03.25


f:id:yukimofk:20200325112802j:image

激務を終えて何気なく触った耳の裏に腫れ物があることに気付いたのが2週間前ぐらいで、初めて行った近場の皮膚科では治せずに大学附属病院に行くことになった。昔付き合っていた彼女が車にはねられてこの病院に担ぎ込まれたような気がする。10年ぶりの病院は内装も外装も記憶の中の施設とは違っていて、つくづく金の動く業界だなと思った。慣れない受付を済ませて案内された待合室は空気が淀んでいて、少し離れた位置にあったパイプ椅子に腰掛けた。それからもう1時間経った。壁に書かれた、やはり見慣れない案内表示を眺めるのにも飽きたのでこの日記を書いている。マスク無き者入るべからず、という病院の体制。オリンピックは延期になったらしいし、世界のこの雰囲気にSFを感じている人は多いんだろうなと思う。ウイルスに覆われた世界の話では大体世界人工の大半が死に、何かしらの条件をクリアしていたり抗体を持った人間が生き延びていたりするものだ。自信過剰のナルシシズム人間も抗えない死の前では自分のモブ感を強烈に自覚し精神的にも死にたくなってくるだろうから、こういう世界観の中で生きるなら、最初から自分はモブキャラであることを認めていた方がきっといい。自分が死ぬ時期を悟れたらその先どう生きるだろう、と昨日病院の待合室で考えたが、真っ先に心配したのが預金の使い果たしについてだったので、我ながらつくづく俗物であるなと思った。海外旅行にもスーパーカーにもブランドショップにも関心がないと、死ぬ間際の現金にはそこまで価値がない気がしてきて、やはり命あっての物種という言葉は真理のような気がする。こういう考えをもっと深堀して素晴らしい言葉で書き留めた先人の書籍が数百円で近場の本屋で山ほど買える時代だけど、そこに没入する時間があったらタピオカ飲んでスマホで撮ってツイートするのが命ある若者の生き方なので、命の有無で考えや行動って全然変わってくるんでしょうな。ここまで書いて今だに名前が呼ばれることはありませんでした。今私はおそらくとても無駄な命の使い方をしています。

2020.03.10


f:id:yukimofk:20200310175406j:image

漠然とした不安も漠然とし過ぎていると不安とさえも感じないようで、来月の今頃は違う仕事を覚えるのにヒーヒー言ってるはずなのに、妙に和やかな、しかしどこか落ち着かない気持ちで3月を迎えた。トンデモ人事に踊らされながら、いつか喫茶店でも開きたいなと全然関係ない空想をしている。コーヒーをろくに飲まないマスターはマスターになれるのか。ブルーマウンテンとキリマンジャロの差を当てられるかはわからないがコカコーラとコカコーラゼロの差ならわかる。なんの話だっけ。今さっき来週の採用面接を担当してもらう旨の連絡が急に来て、じわじわと管理職の階段を登らされている感覚を味わっている。でも当社は架けた梯子を簡単に外す会社でもあるから期待しないでいる。きっと正解。期待値を上げて上げて急降下させることをジェットコースターのようだと比喩したことがこの前スッと伝わらなくて残念だったけど、ジェットコースターにはなるべく乗らない人生の方が多分安定します。一度浮上したらいつか落下することを意識しないといけないのは生き死にの話に似ている。幸せを噛み締めるほど、それを失う瞬間が来るのが怖い、というメンヘラの気持ちにわかりみが湧くようになった。男は女々しい生き物。なんの話だっけ。仙台に住んでいた時に、酒を飲んだ後に喫茶店で落ち着きたい気持ちになったのに夜の街に喫茶店がひとつも空いてなくてがっかりした記憶がある。コーヒートークは良いゲーム。なんの話だっけ。もの忘れの多い私ですがこれからもよろしくお願いします。

2020.02.27


f:id:yukimofk:20200227173356j:image

この日記はコメダ珈琲で暇を持て余した結果生まれました。久方ぶりにこのブログのアクセス解析を覗いてみたら日記を書いた日には数十のアクセスがあるようで、でもそんなことよりこのブログがもう4年半も存在しているという事実に腰を抜かしました。最近では自分がツイッターを始めて10年が経ったよと通知欄から知らされてやはり腰を抜かしました。コメダ珈琲は天井が高くていい。この前職場の仲のいい人が、店の照明を撮るのが好きだと話していたことを思い出した。今頭上にあるステンドグラス調のランプカバーは控えめなデザインで、最近ステンドグラスをよく見たのはいつだっけ、と思い返したら長崎で教会に入った時だった。その昔隠れキリシタンは教科書で教わるよりもひどい迫害を逃れて島や洞窟、地下に拠り所を築き、祈る像の形まで変えて100年以上解放の時を待ったのだそうだ。コーヒーの苦みを、入れるつもりもなかったのにミルクはいかがですかの一言に反射でハイと答えた結果置かれたミルクで和らげる。カフェインレスのコーヒーを一口飲んだが、カフェインの有無は舌の上ではわからなかった。長崎で食べたカステラはおいしかったな。味の思い出は時と共に薄れておいしかったという結果だけが残るものだが、たぶんあの時感じた和三盆の甘さも忘れてしまうのだろう。記憶上の味覚を忘れずにいることなんてできるだろうか、自信がない。日々が慌ただしくて伝えられなかったけど弊社のやべぇ人事のせいで4月から今と全く違う仕事をすることになりました。それはかつて自分がやりたいことではあったのだけど、私はキリシタンじゃないからもうそれに対しての信仰心は残ってない。マリアもキリストも取り上げられたキリシタンはもうただの人よ。

2020.02.13


f:id:yukimofk:20200214113431j:image

職場の仲の良い人と休日が被った日に酒を飲みに行く小さな集いを数回行っていて、最近そこに自分の名前が付いて、ツイッターで言うなら喪服会という名称で呼ばれるようになった。私がその時に声をかけていない人間の一部が、私は喪服会に呼ばれない(ちなみに喪服会を文面だけで考えるならそれは葬式なのでは)、と面と向かって言ってくるのをやんわりと流す。人選を絞っているのは個々の人間性によるもので、面倒くさくない、愚痴こぼしのクセがない、セクハラをしない、うるさくない、面白い、などのフィルターを通過した人に声をかけているだけのことで、別に職場じゃなくたって日頃人を食事の席に誘うときは好きな人だけに声をかけると思うのだが、それと一緒。公私を混ぜたい人と混ぜたくない人がいて、暗にあなたは混ぜたくないんですよという話。よくある人付き合いの話。昨日はそういう日だったんですが、飲んで外に出たら吹いた風が暖かくてテンションが上がりました。花粉へのヘイトを除けば春はいい季節。暖かいと心身共に余裕が出るような気がしていて、そういえば人種単位で陽気な人がいそうな国って赤道直下だったり常夏の国の人が多い気がする。最近の休日は寒さに挫けてコタツで動けなくなったりする時間があったから、このまま陽気に後押しされていろいろうまくやっていきたい。最近買ったHAREの古着が気に入りました。購入から少し日を空けて読んだ3月のライオン15巻はとても熱い内容でした。近況こんな感じ。

2019.12.03


f:id:yukimofk:20191203143630j:image

冷たい雨と濡れた落ち葉の光景が11月の印象ですが、11月だと思ったらもう12月だった。今年はハロウィンにちなんだイベントにも全く関わらなかったので10月の記憶も曖昧。電車の時間までの時間つぶしでたまたま入った無印良品には本が売っていて、たまたま目に入った精油についての本を眺めることにした。アロマオイルは確かに自作したら安いのでは?と思ったけど奴らすぐ蒸発しよるくせにコスパ悪いんじゃと思い直し、よく知る為に原子と分子の構造についての理解を深めようという旨のページに出くわしたら脳の文系小僧が嫌悪感を示したのでそっと本を元の隙間に戻した。ここ10年ぐらい本当にちゃんと本を読んでない気がするけど、本を読まないことに罪悪感のようなものを覚える感覚は今となっては旧いのかもしれない。でも日本語の羅列ひとつ取っても、むしろTwitterの140字以下の文ひとつでも教養の無さはすぐ露呈してしまうので、いわゆる良い文章の見本としての読書と、校正をして内省的に文章を処理する作文はやはり大事な行程だなと思う。なんの話???結婚云々のイベントが一通り終わったので人生のテンプレをなぞるとするなら次はマイホームかベイビーかのどちらかなんですが、先月分のカードの引き落としがえげつない金額で預金残高の桁が1桁動くのを見て思考停止した。ペットロスが耐えられないので犬や猫は飼えないだろうという判断をしているけれど、別に我が子が死なない保証もないよな。そもそもあと50年前後には死ぬよな。雪で喪服を名乗るだけあって冬は死の季節だと思ってる節があります。今思うのはこういう話。

相談したって解決しないことはあるし、「死んではいけない」などと無責任に課すことも、それはある意味苦痛の助長。

死んでしまって悲しい、というのは第三者的視点であって当事者には関係のないこと。

迷惑をかけない死に方も存在しなくて、せいぜい手間を被る人数が多いか少ないかでしかない。

人が亡くなること。涙は出ずとも、胸に穴が空くこと。

2019.05.31


f:id:yukimofk:20190531153649j:image

天気予報に一か月予報というシステムがあることをつい最近知って、そこから六月が始まる前から六月も暑いよとネタばらしを食らってアンニュイな今日。五月の終わりの始まりは慌ただしく始まった。二度鳴る設定のアラームを二度止めて、うたた寝が少し長く続いたところから我に返ってバタバタとシャワーを浴びてご飯を食べた。福島の北部に昔の一軒家をリノベーションした、趣のある、広い、モダンな、素敵な住まいがあって、庭から数歩行けば隣接しているアウトレットモールにも行けるような。そんなところを両親が定年後の住まいとするよ、という旨の夢を見ていて、その内容が気になって追いかけてしまっていた。昨晩は地元のライブハウスに来ていた女王蜂のライブを観ていて、その晩の夢がそれか、とも思うが、夢の内容にケチをつけるほど無駄なことはない。
ライブで女王蜂の図鑑を買って(虫が大好きな人のように聞こえる)それを読んでいた時に、女性性を感じる文体を好む気質があるのかも、と気付きがあったのでその話。日記をつけることの始まりは男から来ていて、日々の記録に文学性を持たせて揺れる心情を描写することは漢文だけでは繊細に描けなかったので、かな文字を取り入れてやってみたのが土佐日記(違ってたらごめん)。女性的な表現が必要だった。まだTwitterがなかった頃から、昔からのぞいている先輩の日記とか、今でも近況を追いかけている同級生のこととか、今は亡きインターネットカリスマンの日記とか、そのどれもに女性性を感じることが共通項としてあって。ほぼ確実にそういったものの影響を受けているから、今でもこういう日記を書こうと思うと自分の中の女性がちらちらと顔を出すような気持ちがある。一種の女々しさというか。メシ食って寝るだけの話をどう飾るかを考えたら野郎の思考では到底盛りきれないから。先日、文章について言葉少なくTwitterで言及したことがあったけど、本当に学校で習うような文法に沿おうと思ったら一文はもっと短く切るべきだし、読点でもう少し刻むべきだし、段落は分けるべきなのは百も承知の話。自分の文章にそれを設けていないのは紛れもなく影響を受けた人々の文章からきていることで、くせのある、でも哀愁や美学を感じる文字群の塊を眺めるのが好きだったから。こんな自分でもインターネット文学の括りで言えば、面白ポイントをフォントサイズや色を変えてバカみたいに強調したテキストサイト(Flashアニメ全盛期ぐらいの時の)が始まりだったし、自分も倣ってパソコンでホームページを作ったし。半分手癖のような気持ちで書いているこういう日記を誰に刺さる訳でもなく、ネットに流していくのは、川辺で手近な草を千切って川に流してその行方を見守るような、そういう気分があります。意味のないこと。