読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

喪服日誌

唐揚げだけが人生だ。/@yuki_mofk

2017.02.15

f:id:yukimofk:20170215175753j:image

今こうして日記を書いているはてなブログは1年前の同じ日に日記を書いていた場合、振り返りで昨年あったことをメールで教えてくれて、案内どおりに昨年の記録を辿ると寂れたお店で餃子を食べたり転職の面談をしていたり前職の社長に捕まったりしていた。かつての住処であった町に思いを馳せたのと仕事をしながらお酒を飲みたい気持ちが高まってしまったので、明日が休日なのをいいことに19時から職場を飛び出し隣の県まで車を走らせることを決めた。突発的に行動を起こすのは今に始まったことではないけれどいい大人というのは計画性を以ってして淡々と日々を送るものというイメージがあるので、いまだにぼくはそのレールに乗れずにいる。元々〇〇とはこうあるべきだ、という概念に沿って行動している事があるとすれば公共マナーとか人を殺してはだめとかある程度の倫理観ぐらいで、たとえばお酒なんてものはそれぞれがうまいと思った飲み方をしたらいいと思うし、マリオは地道にコインを拾う人と雑に残していく人がいて性格が表われるけどクリアしたらその過程は何でもいいし、大人だっていろいろな大人のイメージがあるけれど、実際なってみたらいろいろどころのパターンでなくて、むしろ学生時代以上の分岐があるから、もう”あるべき姿”というもの自体が虚構なんじゃないかとさえ思えるようになってきて、結局何もわからない。成るべき成果が見えないまま闇雲に生きるのは、仕事に置き換えれば効率の悪いやり方にはなるんだけど、効率のいい生き方なんてものは誰も教えてくれなくて、大志を抱けみたいなふんわりした回答しかしてこなかった大人たちも、きっと明確な形を見つけられなかった中で掴んだ蜘蛛の糸のいくつかを束ねて振りかざしていたのだろう。彼らが生き方を迷ったからではなく、元々誰もが迷うようにできているのだろう。だから、明日の事は明日考えるような日々の暮らしも、数ヶ月先の未来が見えている暮らしも、遠くから見たら大した違いは多分ないし、僕は早く帰ってお酒を飲みたい。

2017.02.13

f:id:yukimofk:20170213224059j:image

短時間でいかに回復効果の高い睡眠が取れるかを色々調べてみたのですが昼寝を挟むことと固い布団で寝ること、寝る一時間前から発光する媒体を見ず部屋を暗くしリラックスすることが重要とのことで、全てを日常に取り入れるのが無理そうだったのでとりあえず肩こりが取れる謎の枕をアマゾンで買った。ある時期から枕を使わずに適度に高さの合うクッションを適当に積み上げて寝ているので、いずれはきちんとした枕が欲しいと思っていた。今回ようやくその時が来た、ということだろう。枕とは魂の蔵が語源だよ、という嘘か本当かわからない話を蟲師で読んだのですが、人間工学に基づいた枕の凹凸に自分の魂が蓄積されていくのかと思うと精神と科学の融合に心が躍るやら踊らないやら。物欲がインターネットで満たせるようになってしまって、最近は何かしら外に出る理由を捻出しないと家から出ようという気持ちが死んでしまうので、今日に関してもなんとかだらけがちな心を叱咤して市のスポーツセンターまで向かってトレーニングルームで1時間ほど重りを持ち上げたりバイクを漕いだりした。人間は汗をかいて何かを為せば成果はどうあれ達成感を得られるようになっていて、心に充実感が足りない時は運動したらいいんだな、というシンプルな気付きを得た。生きる上で自分の脳をいい方向に騙し転がしていくことが健やかな生活を生み出すのかもしれない。今湖池屋の出したプライドポテトという代物をプレモルと共に食べて昼の努力を帳消しにしたとしても、食の喜びは脳に、脳にいいから…。あとゲームの進捗ですがLET IT DIEを19階まで進めました。もう鉈で斬られたくない。

2017.02.11

f:id:yukimofk:20170211100226j:image

御無の沙汰。東京と埼玉で大いに遊んできたり、膝が急に痛む奇病を患ったり、おいしい鍋を食べたり、スケートリンクで滑ってみたり、ゲーム漬けになったりしてます。最近大学の後輩たちと交流の輪が広がってしまって休日の過ごし方が学生時代のそれと何ら変わらないものとなってしまったけれど、年齢を数えると本当にいい大人。日々が充実しているのであとはここに妻と家があれば言うことないんですが、妻は土を掘っても戸棚を開けても出てこないから困ったものですね。
先日、件の大学の卒展があったので覗いてきたらいろんな他者の想像力と創造力にもみくちゃにされて、ものづくりする為のやる気の導火線を焦がされたのでそろそろ撮り溜めた写真で何かしたいなと思った。地元で気軽に展示をする為にはどうしたらいいんだ。今まで幸運にも展示のオファーか無料のスペースでしか展示をしたことがなかったから、自らお金を出して観てくれるかどうかもわからない空間に写真を置いていくのはどんなモチベーションでやったらいいんだ、と変なところで迷ってるところ。実際やったらどうってことはないんだろうけど、個展なら広報活動もしないとな??フライヤー??Web告知??趣味のアカウントのフォロワーが100人程度のワシが???となっているので、現実的にはグループ展が望ましいのかな。絵でも写真でも彫刻でも何でもいいから誰か一緒にやろ。告知の面でも他人と輪になって話を広げた方がやりやすくなる一方で、作品作りとしても、他者のエッセンスを取り入れる時期なのかもしれないなぁ。

2017.01.18

f:id:yukimofk:20170118133834j:image

理想主義を貫くにはしんどい現実を受け入れて飲み込んで踏み倒してそれでも上を見上げる覚悟と気合が必要なんだよ、と思った話があったんだけど当人に伝えるのも文字に起こすのも野暮なので割愛。もうすぐ25になるけど恋愛の正解なんてわかりませーんでも自分にとって完璧な人なんてこの世のどこにもいないから何かを妥協できる度量がないと誰ともうまくいきませんよというのはよくわかってます。ところでこれなんの話??週末に東京に行く予定を作って、その中身が詰まってきたのでよかったよかったと思う反面、今月中の残りの休日にも全て何かしらのタスクが詰まってしまったので、おいおい師走はもう終わったはずだと天を仰いだ。そうこうしているうちに朝目覚めたら喉が枯れていて、更に翌日には鼻水も出てきた。ジーザス!これからのお楽しみを体調不良に邪魔されたくないので全力で治す。一人暮らしをしていた時は生姜とニンニクを溶かしたスープで雑炊を作って食べて、栄養ドリンクと風邪薬とビタミン剤を飲んだ。とにかく体に良いものを詰め込んで自己治癒力が最高に働くようにした。歳を取れば取るほどこの力は衰えていくようだけどまだ四捨五入したら二十代なんだから絶対大丈夫だと言い聞かせている。きっと大丈夫。あと日曜は埼玉で歌をうたう人々と顔を合わせるばかりか一緒に歌うというイベントがあるんですが、地味に活動?の幅が?広がっているな???僕がどこに向かっているのかなんて僕が一番よくわかってないですが、占いの本に25歳以降からどんどん行動が大胆になっていくと書いてたのは、多分当たっているのだろうな。今考えてるのはこういうこと。 あと、マスクをして過ごしていると顔の保湿キープ力がすごいってこと、マスクを着ける度に思ってるんだけど皆わざわざ言葉にしないよね。だからしてみました。終わり。

2017.01.10

f:id:yukimofk:20170110133024j:image

居酒屋が連なる長屋の中にいい牛肉を食べられるお店を見つけて二度目の来訪をした翌日、食事の誘いを受けて退勤後に車を走らせたら行き先が焼肉屋で、ここまで食べる計画はなかったのに、と思いながら幾許かの肉が胃に消えた。でかい肉の塊にはハサミでカットしやすいように格子状に切れ目が入っていて、見た目がワイルドだった。みな恐竜の肉のようだと喜んで食べた。こんなに食べていては自分が牛になってしまうことは明白なのに、人前で乳を出したり差し出された牧草を食べるだけで人々に喜ばれるなんて良いこと尽くめではないかとあらぬ想像をしてしまう。新年の抱負を新年も10日を過ぎた今になって掲げることはしないのだけど、昨年のいつからか投げっぱなしになっていた部屋の片付けと清掃を行うこと、昨年撮った写真のレタッチをすること、人からもらった贈り物のディスプレイを考えること、今年着なかった冬服を売ること、様々な「やらなきゃ」の思考が頭を支配していて、それを片付けないと2017年の活動をすっきりとした気持ちで始められないような気がしているので、やります。なぜなら私は牛ではないから。ちなみに写真といえば、ある晩かかってきた電話からの依頼で、ある夫婦の結婚式の撮影を頼まれてしまった。人生に一度の大舞台をなんとかいい形で記録に収める為にも頑張らなきゃなぁ。今度東京に行く時に練習するとしよう。

2017.01.08

f:id:yukimofk:20170108125457j:image

何日何時間も費やした職場の初売りの支度を大晦日にようやく終えて、夜分に友人たちと合流して初詣に向かった。日付が変わる瞬間まで年を越えるという実感が湧かなくて、日付が変わったであろう瞬間に手を合わせて空を仰いだ。携帯電話は5分前に電池が切れて、ここ数年は意味もなく0時ちょうどの携帯の画面をスクリーンショットしていたことを思い出した。年に一度か二度だけ顔を出して小銭を放り願いを叶えてもらおうなんて浅ましい考えだと思ってるから初詣に大層な願い事なんてしない。五体満足とか無病息災とかそんなことを考えて頭を下げた。健康は大事だ。そして三が日は文字通り馬車馬の如く働いて、今となってはあまり記憶がない。そして働き尽くした報酬として中旬から下旬にかけて連休がもらえるらしいので、新たな旅の目的地を選定しているところだ。新しい土地も見たいし、はじめて会う人の顔も見たい。もちろん、もう馴染んだ顔とも会いたい。元々僕は活発な性格ではないから最近のように年に何度も、それも1人で動き回る生活というのは昔の自分には思いつかないような大胆な行動なんだけど、でもその原点になっている理由のひとつは逃避であって、1人で黙っていても楽しい生活は外から舞い込んで来たりはしないと理解しているからこそ、それに自らぶつかるべく足を動かしているのだと思う。退屈や停滞から逃げたいんだ。多分。前にどこかで書いたような気もするけど、昨年、中学卒業ぶりに再会したメンタルがぐずぐずの友達に、僕はつらいことから逃げて逃げて逃げ続けた結果こんなにもポジティブな人間になれたんだよ、という旨の話をした。この時、自分で話してて、あぁそうか自分は逃げ続けてきたんだな、と自覚することになって驚いた。考えて発した言葉ではなくて、胸の内から浮かんだ言葉を流しただけだったから。そう、僕は逃げてきた。人との関わりとか肉体的に敵わない相手とか形容できないもやもやとか、それをうまく躱してやりくりしていくにはどんな思考をしたらいいのかを自他の失敗から体感して内省して反芻して体に染み込ませた。その結果、会社の適性診断で何十人といる集団の中で1人だけ、どの方向からの圧力にも強いという鋼のメンタルを手に入れるまでに至った。逃げるは恥だが役に立つとはよく言ったものだ。僕は多分、今後もいろんなことから逃げ続ける。それは無責任な話ではなくて、その逃げた距離の分だけ自分が強くなるとわかってるから。楽しいことが待つ扉に出会い、それを自らこじ開ける筋力になるとわかってるから。

2016.12.25

f:id:yukimofk:20161225103313j:image

想いが募るままに重ための文章をダラダラ書いてましたが完成せずに沈澱してったのでいつか拾い上げます。ねぇ、世間はクリスマスですよ。でも仕事漬けで全然クリスマスを、ひいてはキリストを思いやれる余裕がなくて、とりあえず連勤が始まる前の休日にケーキを買って食べた。2人で切って分けるぐらいのシフォンケーキを一瞬で食べ尽くしてしまった。今年も1人で食べるホールケーキはうまかった。この前女性の社員さんと一人暮らし時代のことを話し合って、1人で1.5リットルのペットボトルをラッパ飲みすることが実家という環境から出て快感を得た体験のひとつだったと話していて、ホールケーキを1人で独占して好きに食べてしまう快感もその延長線にあるものだなぁと思った。もう僕の元へサンタのおじさんは来ないけど、クリスマスってのは夢があってええのうと思う。大事なのは夢。何をした訳でもないのにご馳走が食べられること、ケーキが食べられること、朝起きたらプレゼントがあること、サンタとトナカイのパーフェクトクライムとその手口、キリストの生誕、なぜか恋人と過ごす幸せ。そういう夢の世界に加わる為の切符がケーキであり、チキンであり、恋人であるから、きっかけがなんであれ、人々が気軽に幸せになれるイベントが毎年来るのならそれはいい事じゃないかと思うわけです。とりあえず今年に関してはイブになったら素敵なクリスマスカードが届いたし、バンプのLiveBlu-rayは最高だったし、職場の人とはプレゼント交換もしたのでまぁまぁよかった。そんで今は予定に組み込まれている旧友たちとの忘年会のことを考えているのですが、年末が近づくと高まるスマブラとか桃鉄がしたくなる欲はいったいなんなんだろうな。