読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

喪服日誌

唐揚げだけが人生だ。/@yuki_mofk

作品のタイトルについて

元々僕は芸術に関しての知識や教養がなくて、でもそのくせに美大なんぞに入ってしまった。その時に、今後そういうものに触れる機会が多いのだから、自分なりにいろんな作品に対してのものの良さを判断する秤を持ってないといけないぞ、と考えました。特に絵画などは描写する技術力の他にも描いた人の思想が強く出るものだから、写実画にしても抽象画にしても、何を観た時に心惹かれるか、そのロジックが自分の中でわかってると他人にもその良さを伝えやすいよな、なんて思った。
で、色々と観てみて共通していたのは、「観たものの正体や示唆する意味が果たして何なのかをいくつも心の中で推測できる」こと、「観たキャラクターや風景が心の中で勝手に動き出し、物語が生まれる」ことで、要するに「観た人の数だけ心の中で物語が広がるもの」が良いのだ、という結論に達した。もちろん僕個人の感想である。
それで作品の良し悪しに関わるもう一点大事なことは”タイトル”で、これが見た目で何とか作品の意図するものを掴もうとしている鑑賞者に唯一文字でヒントを与える、大事なメッセージなのである。これの大事さは自分で作ったものを作品として他人に見せるようになって初めて気付く。そしてこれを決める方法は、もちろん作者が何を意図してそれを表現したかを率直に出せばいい訳だが、中には必ず率直に出すことが良いものとは限らない場合がある。例えば、僕が人里離れた密林の中で、朝露に濡れた一輪の真紅の薔薇を撮ったとしよう。前述のように、観た人の心の中で物語を想起させることに良さがあるにも関わらず、タイトルで単純に「薔薇」なんて付けたら、それだけのものでしかなくなる。薔薇の花言葉だったり、深い赤に雫が浮かぶ様子だったり、色の対比や撮り方でもいろんな表現があるのに、見たままのタイトルをつけてしまったら、逆に想像の幅を狭めてしまって、つまらないものに成り下がってしまうのだ。これは写真も絵画も立体物も全部そうで、「いやそんなん見たらわかるわ!」となってしまったら途端に興醒めしてしまう。もちろん、作者自身にそこに込めた深い意味がなかったり(日常的なスナップとか)、むしろそうとしか言えないタイトル、なんてものもあったりするから、必ずしも何でも感覚的に、遠回しに言えば良いというものではない。逆に遠回しにしてばっかりいると、観た人にとっては「作品はそれなりやけどタイトル中二くさ、自己陶酔し過ぎか」となってしまう。等身大過ぎても背伸びをし過ぎてもいけないのである。
人に物語を与えること、逆に相手に自分の心情が作った世界を伝えられること、このどちらかが伴っている作品はとても良いものだし、自分もそれに近付けたら、といつも思っている。そんな話。

2017.02.18

f:id:yukimofk:20170218125027j:image

 仕事が終わった足でそのまま隣の県まで行ってお酒を飲んで、朝方帰ってきてそのまま就寝。昼に起きたら目の前でお笑い芸人がガヤガヤとうるさかった。寝る際に枕元にiPadを立てて何かしらの動画を再生させながら寝るのが習慣で、この癖がせっかく枕を変えてまで良くしようとしている睡眠の質を下げているのはわかっているんだけど、余程疲れている時以外は眠りに就くまでの時間がもったいないから、とケチくさい理由で動画を観ることをやめられないでいる。将来的に誰かと生活を共にして就寝するようになったら辞めないといけない。この前人からもらったお蕎麦を大量に茹でて食べて、カラオケでリズムに乗ったり女性ボーカルの歌を心おきなく歌ったりした。帰り際もう少し時間があったからその足でジムに行こうかと思ったけど翌日のことを考えて自重して、部屋で黙々とLIDをやった。LIDが発売してからというもの、もう毎晩ゲームをやってる。ローグ系のRPGテトリスみたいなもので、暇さえあればコツコツ熱中して取り組みたくなるような、生活の上で習慣になりやすい仕組みであることだなぁ。最近仕事の休憩時間にApple Musicでいい音楽がないか探しながらこうして日記をつけることが新たな習慣になってきそうなんですが、この習慣はいずれ途切れそう。毎日働いてご飯食べてゲームするだけの日々を表現豊かに綴れるほどのポテンシャルはないし、そんな奴は気持ち悪いですよ。最近は朝起きるのつらいなぁ、歌いたいなぁ、運動したいなぁ、痩せたいなぁ、水と酒飲みたいなぁ、が脳内を占めてます。

2017.02.15

f:id:yukimofk:20170215175753j:image

今こうして日記を書いているはてなブログは1年前の同じ日に日記を書いていた場合、振り返りで昨年あったことをメールで教えてくれて、案内どおりに昨年の記録を辿ると寂れたお店で餃子を食べたり転職の面談をしていたり前職の社長に捕まったりしていた。かつての住処であった町に思いを馳せたのと仕事をしながらお酒を飲みたい気持ちが高まってしまったので、明日が休日なのをいいことに19時から職場を飛び出し隣の県まで車を走らせることを決めた。突発的に行動を起こすのは今に始まったことではないけれどいい大人というのは計画性を以ってして淡々と日々を送るものというイメージがあるので、いまだにぼくはそのレールに乗れずにいる。元々〇〇とはこうあるべきだ、という概念に沿って行動している事があるとすれば公共マナーとか人を殺してはだめとかある程度の倫理観ぐらいで、たとえばお酒なんてものはそれぞれがうまいと思った飲み方をしたらいいと思うし、マリオは地道にコインを拾う人と雑に残していく人がいて性格が表われるけどクリアしたらその過程は何でもいいし、大人だっていろいろな大人のイメージがあるけれど、実際なってみたらいろいろどころのパターンでなくて、むしろ学生時代以上の分岐があるから、もう”あるべき姿”というもの自体が虚構なんじゃないかとさえ思えるようになってきて、結局何もわからない。成るべき成果が見えないまま闇雲に生きるのは、仕事に置き換えれば効率の悪いやり方にはなるんだけど、効率のいい生き方なんてものは誰も教えてくれなくて、大志を抱けみたいなふんわりした回答しかしてこなかった大人たちも、きっと明確な形を見つけられなかった中で掴んだ蜘蛛の糸のいくつかを束ねて振りかざしていたのだろう。彼らが生き方を迷ったからではなく、元々誰もが迷うようにできているのだろう。だから、明日の事は明日考えるような日々の暮らしも、数ヶ月先の未来が見えている暮らしも、遠くから見たら大した違いは多分ないし、僕は早く帰ってお酒を飲みたい。

2017.02.13

f:id:yukimofk:20170213224059j:image

短時間でいかに回復効果の高い睡眠が取れるかを色々調べてみたのですが昼寝を挟むことと固い布団で寝ること、寝る一時間前から発光する媒体を見ず部屋を暗くしリラックスすることが重要とのことで、全てを日常に取り入れるのが無理そうだったのでとりあえず肩こりが取れる謎の枕をアマゾンで買った。ある時期から枕を使わずに適度に高さの合うクッションを適当に積み上げて寝ているので、いずれはきちんとした枕が欲しいと思っていた。今回ようやくその時が来た、ということだろう。枕とは魂の蔵が語源だよ、という嘘か本当かわからない話を蟲師で読んだのですが、人間工学に基づいた枕の凹凸に自分の魂が蓄積されていくのかと思うと精神と科学の融合に心が躍るやら踊らないやら。物欲がインターネットで満たせるようになってしまって、最近は何かしら外に出る理由を捻出しないと家から出ようという気持ちが死んでしまうので、今日に関してもなんとかだらけがちな心を叱咤して市のスポーツセンターまで向かってトレーニングルームで1時間ほど重りを持ち上げたりバイクを漕いだりした。人間は汗をかいて何かを為せば成果はどうあれ達成感を得られるようになっていて、心に充実感が足りない時は運動したらいいんだな、というシンプルな気付きを得た。生きる上で自分の脳をいい方向に騙し転がしていくことが健やかな生活を生み出すのかもしれない。今湖池屋の出したプライドポテトという代物をプレモルと共に食べて昼の努力を帳消しにしたとしても、食の喜びは脳に、脳にいいから…。あとゲームの進捗ですがLET IT DIEを19階まで進めました。もう鉈で斬られたくない。

2017.02.11

f:id:yukimofk:20170211100226j:image

御無の沙汰。東京と埼玉で大いに遊んできたり、膝が急に痛む奇病を患ったり、おいしい鍋を食べたり、スケートリンクで滑ってみたり、ゲーム漬けになったりしてます。最近大学の後輩たちと交流の輪が広がってしまって休日の過ごし方が学生時代のそれと何ら変わらないものとなってしまったけれど、年齢を数えると本当にいい大人。日々が充実しているのであとはここに妻と家があれば言うことないんですが、妻は土を掘っても戸棚を開けても出てこないから困ったものですね。
先日、件の大学の卒展があったので覗いてきたらいろんな他者の想像力と創造力にもみくちゃにされて、ものづくりする為のやる気の導火線を焦がされたのでそろそろ撮り溜めた写真で何かしたいなと思った。地元で気軽に展示をする為にはどうしたらいいんだ。今まで幸運にも展示のオファーか無料のスペースでしか展示をしたことがなかったから、自らお金を出して観てくれるかどうかもわからない空間に写真を置いていくのはどんなモチベーションでやったらいいんだ、と変なところで迷ってるところ。実際やったらどうってことはないんだろうけど、個展なら広報活動もしないとな??フライヤー??Web告知??趣味のアカウントのフォロワーが100人程度のワシが???となっているので、現実的にはグループ展が望ましいのかな。絵でも写真でも彫刻でも何でもいいから誰か一緒にやろ。告知の面でも他人と輪になって話を広げた方がやりやすくなる一方で、作品作りとしても、他者のエッセンスを取り入れる時期なのかもしれないなぁ。

2017.01.18

f:id:yukimofk:20170118133834j:image

理想主義を貫くにはしんどい現実を受け入れて飲み込んで踏み倒してそれでも上を見上げる覚悟と気合が必要なんだよ、と思った話があったんだけど当人に伝えるのも文字に起こすのも野暮なので割愛。もうすぐ25になるけど恋愛の正解なんてわかりませーんでも自分にとって完璧な人なんてこの世のどこにもいないから何かを妥協できる度量がないと誰ともうまくいきませんよというのはよくわかってます。ところでこれなんの話??週末に東京に行く予定を作って、その中身が詰まってきたのでよかったよかったと思う反面、今月中の残りの休日にも全て何かしらのタスクが詰まってしまったので、おいおい師走はもう終わったはずだと天を仰いだ。そうこうしているうちに朝目覚めたら喉が枯れていて、更に翌日には鼻水も出てきた。ジーザス!これからのお楽しみを体調不良に邪魔されたくないので全力で治す。一人暮らしをしていた時は生姜とニンニクを溶かしたスープで雑炊を作って食べて、栄養ドリンクと風邪薬とビタミン剤を飲んだ。とにかく体に良いものを詰め込んで自己治癒力が最高に働くようにした。歳を取れば取るほどこの力は衰えていくようだけどまだ四捨五入したら二十代なんだから絶対大丈夫だと言い聞かせている。きっと大丈夫。あと日曜は埼玉で歌をうたう人々と顔を合わせるばかりか一緒に歌うというイベントがあるんですが、地味に活動?の幅が?広がっているな???僕がどこに向かっているのかなんて僕が一番よくわかってないですが、占いの本に25歳以降からどんどん行動が大胆になっていくと書いてたのは、多分当たっているのだろうな。今考えてるのはこういうこと。 あと、マスクをして過ごしていると顔の保湿キープ力がすごいってこと、マスクを着ける度に思ってるんだけど皆わざわざ言葉にしないよね。だからしてみました。終わり。

2017.01.10

f:id:yukimofk:20170110133024j:image

居酒屋が連なる長屋の中にいい牛肉を食べられるお店を見つけて二度目の来訪をした翌日、食事の誘いを受けて退勤後に車を走らせたら行き先が焼肉屋で、ここまで食べる計画はなかったのに、と思いながら幾許かの肉が胃に消えた。でかい肉の塊にはハサミでカットしやすいように格子状に切れ目が入っていて、見た目がワイルドだった。みな恐竜の肉のようだと喜んで食べた。こんなに食べていては自分が牛になってしまうことは明白なのに、人前で乳を出したり差し出された牧草を食べるだけで人々に喜ばれるなんて良いこと尽くめではないかとあらぬ想像をしてしまう。新年の抱負を新年も10日を過ぎた今になって掲げることはしないのだけど、昨年のいつからか投げっぱなしになっていた部屋の片付けと清掃を行うこと、昨年撮った写真のレタッチをすること、人からもらった贈り物のディスプレイを考えること、今年着なかった冬服を売ること、様々な「やらなきゃ」の思考が頭を支配していて、それを片付けないと2017年の活動をすっきりとした気持ちで始められないような気がしているので、やります。なぜなら私は牛ではないから。ちなみに写真といえば、ある晩かかってきた電話からの依頼で、ある夫婦の結婚式の撮影を頼まれてしまった。人生に一度の大舞台をなんとかいい形で記録に収める為にも頑張らなきゃなぁ。今度東京に行く時に練習するとしよう。