読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

喪服日誌

唐揚げだけが人生だ。/@yuki_mofk

2016.12.09

f:id:yukimofk:20161209022124j:image

その昔、大学の先輩が男性性と女性性のことを話してくれたことが頭の中に残ってて、その話を聞いてから自分の中の女性的な性格を肯定できるようになったとか、でもその少し前から女子力という言葉が世に出てきて、でもそれも小難しく話せば結局女性性の話なのかなとか、そういう他人からしたらどうでもいいことがたまに浮かんでは消える。自分のことに思いを巡らせる時間が一日のうちでどれだけあるのかは当然人それぞれ違うし、時間がないどころかそもそも関心がない人もいるのだと思う。他者比較ができないからなんとも言えないけれど私はそれに割く時間が長いんだと思う。ちなみにそれはナルシシズムだとか自己愛のせいではなく、むしろ劣等感のせいでそうなっている。結局なんの話ですかと問われれば自分語りであるのだが、ファークライというゲームをしながらブラックニッカの瓶をラッパ飲みしながら書いている日記なので許してほしい。そう、私は劣等感が強い。昔から不器用だし、不細工だし、服のセンスもなかった。頭も悪いし、運動は平均レベルでしかないし、子供の頃の性格は短気で独善的だったからもうクズでしかなかった。でもある時から自分よりたちの悪い人間を見て「こうならないようにしよう」と思ったり、小学2年生のある時に唐突に地元の方言を捨ててみたり、本をたらふく読んで読み書きに強くなったり、思い返せば自分の悪いところをどんどん埋めていくような人生だった。自分がイライラしているときに年下の近所の子供に八つ当たりしたこととか、夏の日没の遅い日に河原で遊んで夕方だからと帰ってみたら19時を過ぎていてこっぴどく怒られたこととか、子供の頃の失敗は今でも覚えている。中学生は思春期真っ只中だったからその頃から外見のことに意識が向いて、まず真っ先に体毛を剃った。高校になってはじめての彼女ができてからファッションが進歩した。とか、そういういろんな経験を重ねて今になってようやく見た目も中身もある程度の評価をもらえるようになったから、言い換えれば曲がりなりにも努力であるから、ナメられたり低い評価を受けることはむかつくしぶっ殺すぞとも思う。自尊心が高くなった、という訳ではなく、それは不当な評価であると思うから。例えば、筋トレを重ねて腹筋背筋バキバキになってるけど服を着込むと外見からは分からない、という状態の人を、何も知らない人がもやしっ子呼ばわりしたらそりゃ次の瞬間には拳が飛んできますよねという話。人生はずっと勉強の毎日だとつい先日大学の恩師が話していたけれど、これからも私はまだ見ぬ自分の穴を埋めるべくいろんな経験をしていくんだろうなと思う。そしてそのたびに自分という存在を反芻し、ダメな奴だと見下し、平均以上を目指して何かしらを磨いていくのだと思う。目の前のテレビ画面では晴天のヒマラヤ山脈で多くの人々が死んでいる。新しい武器をアンロックするために猛獣を駆逐したり暗殺をしたり目まぐるしい。次の武器を、進展を、そして何かしらのゴールに向けて、という点では今の毎日も似たようなものだ。