読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

喪服日誌

唐揚げだけが人生だ。/@yuki_mofk

2017.03.25

f:id:yukimofk:20170325125542j:image

 今更ですが15日前にまたひとつ歳を取りました。7時に目が覚めて、動画を観ながら布団の中でもぞもぞと芋虫の真似事をしていたら目が冴えるのとうたた寝への誘いの快楽の狭間で揺れて揺れて結局快楽に負けたのだけれど、10時に用事があるのに9時40分に飛び起きる羽目になって慌ててシャワーを浴びた。野菜ジュースを飲んで、車に乗ったら雪がさらさらと降ってきて、こりゃ4月にも雪が降ることだってあり得るなと思った。大学1年生の4月の雪降る明け方に怖い事件があったことはこのブログに書いたっけ、まぁいいや。用事の人とジムに行って変な靴を履いて走ったらふくらはぎを痛めて足を引きずりながらはま寿司で大トロを食べた。おいしかった。おいしかったかな?箸の先で脂身が切れたこと、醤油を垂らすと脂がみるみる溶け出していったこと、舌の上に乗せるとやはり脂の味がしたこと、これをおいしいと判断するのは、大トロ=美味しいという刷り込みの意識から出た感想ではないのか、多分そう。でもどこかの港町でもっと多く大トロが食べられる機会があったら飛びついてしまうと思う。グルメ番組で大げさなリアクションで出てくるような食材には縁遠い生き物だから。用事の人と別れ際、先日入籍をしたという話をもらって、なぜかうまく笑えずに変なリアクションを取ってしまった。それはどういう心境がそうさせたのだろう、と少し考えてしまって、そういや更に一週間前にも別の友人から同じく入籍の話を聞かされたな、その時も似たような感じだったな、と思い出した。多分、籍を入れるという行いが自分の生活の習慣にない、縁遠い、ドラマや小説の中のものであるから、それとしたという人の話を聞いても心からのリアクションが取れないんだと思う。つまり大トロだ。知識としては入籍はめでたいものとして祝福すべきものだと理解しているけれど、自分がその喜びを知らないから、ふわっと表現せざるを得ないのだ。日頃食べ慣れてないから、おいしいものだと頭で理解するが心の底では腑に落ちてないのだ。だから入籍に関しては、僕自身がそうならないと他人に対しても心から祝えない、悲しい生き物なのだなという気付きを得てしまいました、という今回の日記。でも自分がそうなるだろうという案件が目の前にあったら、やはり大トロのように飛びついてしまうのだろうな。節操のない生き物。